KNOW HOW ノウハウ
2020.04.20 ノウハウ

【切り替え・リプレイス編】リスティング広告代理店を変更するタイミング

リスティング広告のリプレイスを狙う新規代理店は貴社の運用内容の穴を見つける為にノウハウを詰み、既存代理店はリプレイスされない為に穴を塞ぐべくノウハウを詰みます。

リスティング広告の成果は、リスティング広告代理店が切磋琢磨し合うことで改善していきます。

今回は、リスティング広告代理店を変更するタイミングをご紹介します。

仕事が雑になってきた…

発注時は毎月決まったタイミングで提出されていたレポートが遅れたり、レポートの集計ミスがあるなど雑になってきたら注意です。

力技で乗り切ろうとする…

悪化原因は、CPCが高騰しCVRが追い付かなかったからです!キリッ

セカンドオピニオンをしていると、時々このような発言で乗り切ろうとする営業がいますが、コンサルタント目線で見ると、それってCPCが上がっているキーワードを何の対策も講じないまま放置し挙げ句の果てに予算を溶かしたってことだよね?と思えてしまいます。定例会では、普段馴染みの無い言葉が飛び交いますが、冷静に言っていることを紐解いていくとおかしな点に気づけると思います。

インパクトがある提案が無い…

成果が良い場合は、予算増額で機会損失防止、異なるソースからも獲得すべく新媒体提案があって当然です。提案が無い=自分たちへの関心が薄いと考えて良いでしょう。

成果が悪い場合は、改善提案があって当然ですが、例えば提案内容が「入札単価を抑制する」や「オーディエンスを除外する」といった運用手法の提案なら注意です。それは、当たり前に行動することであって、改善提案とは言いにくい為です。

なお、成果が悪いのに新規媒体提案ばかりするのも注意です。これは断言しますが、Google広告・Yahoo!広告ほど、安定して獲得でき且つ柔軟に予算管理ができる使いやすいネット広告媒体はありません。DSP・アドネットワーク・ネイティブアド等はあくまでGoogle広告・Yahoo!広告をやりきった後に打つべきです。

第三者を入れること(セカンドオピニオン)の重要性

特定の代理店に長年委託していると当然信頼関係が生まれます。ビジネスは信頼しあって初めて成立しますが、投資対効果を追求するリスティング広告運用は信託だけではリスキーです。

そこで今需要が増えているのが、第三者コンサルタントが運用内容をレビューするセカンドオピニオンです。

セカンドオピニオンには、大きく2つの効果があります。

  • 代理店と信頼関係が無い第三者が入ることで、広告運用面だけの評価ができる。
  • 異なる知見を持つ運用のプロ同士がディスカッションすることで、より効果的な施策を打てる。

当然、少なからず費用が発生しますので、ネット広告の重要性が組織として高まった場合や広告予算が高額の場合に採用すると良いでしょう。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00