KNOW HOW ノウハウ
2020.08.22 ノウハウ

Twitterアカウントやハッシュタグが表示されない場合のチェックポイント

ハッシュタグキャンペーンを実施する際、なぜか自分の投稿がハッシュタグに表示されなかったり、アカウントが検索に引っ掛からなかったりしませんか?簡単に解決できるかもしれないし、そもそも改善不可能かも…!?
今回はTwitterでアカウントやハッシュタグでアカウントや投稿が表示されない場合のチェックポイントをご紹介します。

打ち間違いなどでハッシュタグが認識されていない

ハッシュタグに認識されると、ハッシュタグのテキストが青いテキストリンクになります。ハッシュタグに認識されない多くのケースは打ち間違いです。
あるあるな打ち間違いを紹介します。

ハッシュタグの前後に半角スペースを入れる

ツイートとハッシュタグは別物。 ハッシュタグを入れたいキーワードの前後に半角スペースを入力しなければハッシュタグになりません。

また、文章中にハッシュタグを入れる場合はハッシュタグを入れたいキーワードの後ろに半角スペースを入れないと、後に続く文章もハッシュタグと認識されてしまいます。

文章末のハッシュタグは、後ろの半角スペースは不要です。

「#」ハッシュ記号が全角になっている

ややこしいですが、ハッシュは全角の「#」では機能しません。「♯」半角になっているか注意しましょう。

ハッシュ記号が「♯」になっている

ハッシュ記号「#」と「♯」はよ~く見ると違いますね。そうですハッシュ記号はシャープではなくナンバーです。ナンバーで変換してみましょう。

記号や絵文字を含んだハッシュタグにしようとしている

&や”など、基本的にハッシュタグで記号や絵文字は使えないと覚えましょう。
記号を入れたハッシュタグの場合は、記号までの文字列がハッシュタグになります。

アカウント設定などの問題

打ち間違いじゃねーよ!という場合は、アカウントに何らかの問題があるかもしれません。いくつか見てみましょう。

ツイートが非公開になっている。

ツイート非公開の鍵アカウントでハッシュタグ付きツイートをしてもフォロワーにしか表示されません。フォロワー以外にも表示したい場合はツイートを公開しましょう。
「プロフィール>設定とプライバシー」から公開・非公開を選択できます。

メールアドレスを確認していない

Twitterを利用するには「有効なメールアドレスの確認」を済ませる必要があります。登録したメールアドレスにTwitterから確認メールが届くので、メール内のリンクをクリックして確認を済ませましょう。
メールアドレスは「プロフィール>設定とプライバシー>アカウント」から設定・変更が可能です。

アカウントを作成して間もない&あまり使っていない

アカウントを作成して間もない場合やあまりツイートしていないアカウントは表示されにくいです。1~2日間は様子を見ましょう。
キャンペーン告知に初めてツイッターを使う場合は、アカウントは少なくともキャンペーン一か月前には作成を済ませいくつかツイートしておき、表示確認すると無難ですね。

アカウントが凍結されている

Twitterルールに違反するとアカウントが凍結されアカウントもツイートも表示されなくなります。凍結されるアカウントは大半はスパム行為のようです。

<Twitterルールはこちら>

アカウントが凍結した場合は、Twitterより理由とともに凍結アナウンスがあります。

<アカウントの凍結解除方法はこちら>

以上がTwitterアカウントやハッシュタグが表示されない場合のチェックポイントです。大抵はハッシュタグのつけ方が間違っていることやアカウントをあまり使っていないことが原因のようです。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00