TECHNOLOGY DXツール
2024.07.09 DXツール

株式会社ナレッジセンス、社内データを活用してRAG構築できる「ChatSense」にて、ファイルのアップロード上限引き上げ

株式会社ナレッジセンス(本社:東京都港区 代表取締役:門脇敦司)は7月9日、チャットGTPを活用した法人向けRAGチャットボット「ChatSense」について、ファイル上限を引き上げましたと発表した。

ChatSenseとは、法人向けChatGPTサービス

ChatSense(チャットセンス)とは、セキュリティを強化した形でChatGPTを利用しつつ、コスト面でも優位性のあるサービス。
企業・官公庁・総合大学など、多くの法人で導入実績がある。

ChatSenseが、ファイルのアップロード上限引き上げ

このたび、ChatSenseにて、ファイル上限の引き上げが発表された。

1.ChatGPTにもない独自機能 ― 自社データを取り込んだAIの構築 ―

ChatSenseの新機能「追加学習」プラグイン機能では、以下のファイル形式のドキュメントをアップロードし、それに基づいてAIが回答するよう設定が可能。

アップロード可能な独自データ形式は、txt、csv、doc、docx、pdf、html、URLで特定のページを指定。
また、複数ファイルの読み込み可能、複数のAIの作成が可能、原稿用紙100万枚分までの学習が可能(上限の引き上げも相談可)。

2.回答の参照元も必ず提示、AIの嘘を見抜く

ChatGPTのデメリットの一つには、回答生成に用いた情報が確認できない、という点がある。

ChatSenseの追加学習機能 (RAG)では、回答に利用した社内データの参照を常に表示することが可能。
いつでも元のドキュメントを確認し、AIの回答をダブルチェックできる。

<リンク>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000108.000073671.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00