BUSINESS ビジネスハック
2022.05.09 ビジネスハック

質問の仕方は大丈夫?上司や先輩が無視せず回答してくれる質問の仕方とは

ビジネスの経験を言い換えると、今まで出来なかったことが出来るようになった数だと言えます。

経験値を早く積むには、自分自身が能動的に勉強するのに加えて、上司や先輩からアドバイスを貰うことが欠かせません。

でも、質問をしても無視されたり、自分で調べなさいと素っ気ない対応をされたりした経験はありませんか?

それってもしかすると貴方の質問の仕方が悪いのかもしれません…

本記事では、社内における上司や先輩が無視せず回答してくれる質問の仕方を解説します。※営業話法における質問ではありません。

いい人じゃないと回答してくれないNG質問とは?

ーー雰囲気がおだやかでギラギラしておらず誰にでも優しい。

どんな職場にも一人はこのような明らかに質問しやすい人がいます。
この人はどんな質問でもなんでも答えてくれる良い先輩。
けれど組織には、質問を無視したり自分で調べろと言って答えを教えてくれない苦手な先輩もいます。

だからこそ、質問者も回答者も不快にならないように、
今すぐ辞めるべき質問を2つ紹介します。

Googleで検索すれば分かる質問はNG

私達がどっぷり浸かっているデジタルマーケティング業界ではCPAやCVR・ASPといった横文字が多いので「CPAってなんですか?」と言った用語解説の質問をもらいます。
これはGoogleで検索すれば答えが載っているので、
Googleで調べてと私も言いますね。

一般的な用語解説の質問はしない方が良いでしょう。
自分で調べて学んだ方が身になるしね。

例外的に同じ用語でもその人や会社独自に本来の意味とは異なる解釈がある場合があります。
例えば、
「インパクトがある提案を持ってきて」の「インパクト」や
「そのマーケティングってイケてるの?」の「マーケティング」。

このような用語はGoogleで調べても分からないので、
率直に聞いてみましょう。
ただし、「一般的な意味の使い方ではない」と前置きして質問しちゃうと回答者はムムムってなるので、言葉を選んで質問しましょうね。

回答の丸投げ・思考停止した質問NG

「○○さまからのメール、どのように回答すれば良いでしょうか?」
「良く分からないので、一度見てもらえませんか?」
「この場合、どのような提案にすべきでしょうか?」

この手の無垢な丸投げ質問は本当に多いです。

これは質問ではなくて仕事の依頼なんです。
しかも「全部やってね!」と言っているような物だから、
無視されても自分で調べて!って言われても怒られても仕方がありません。

回答を求められた上司・先輩は、質問者の代わりに回答を考えた挙げ句、何かあったら責任は回答した自分に返ってくる。
だから何も起こらないようにじっくり考えると言った多大な労力が掛かります。

その労力を割きたくなるほど質問者が優秀ならいいですが、
優秀な人は丸投げ質問をしないんですよね。

思い当たる節があるなら、今日から丸投げ質問は辞めましょう。

上司・先輩が回答してくれる質問の仕方とは?

テレビドラマや漫画の世界では意地悪な上司・先輩がいますが、ハラスメントに厳しい、なんかあればSNSに晒される可能性がある現代では、余程ブラックな会社でない限り後輩や部下に悪意を持って接する人は稀です。

質問の仕方さえ変えれば間違いなく回答してくれますので、
参考にしてください。

STEP1.自分で解決を試みる

社内のマニュアル・共有メール・チャット・インターネット検索・SNS検索をして、類似の質問&回答が無いかを探しましょう。
どんぴしゃな質問&回答があれば質問しなくて済みます。
微妙に条件が違ったり情報が古かったりした場合や、信憑性に乏しい回答をママ使うと失敗するかもしれませんので注意が必要です。

また、インターネット検索・SNS検索なら、どのような検索キーワードを入力すれば最も近しい回答にたどり着けるかを導く検索力が身につきますし、回答に関連する付帯情報も得ることができます。

STEP2.分からないポイントを特定する

何が分からないか分からない思考停止状態から、「これが分からない!」と特定することが質問を整理するゴールです。
「質問の意図や目的」「どこの(対象・範囲)」「何が(項目)」「どのように分からないか?(具体的に)」の軸で整理します。

既に自分で調べているから「どのように分からないか?」を説明できるし、「自分はこう思っているがうまくいかない」と伝えられます。

STEP3.答え合わせ・意見を聞く質問にする

整理した内容を添え、なるべく「自分はこう思っているがあなたはどうか?」と、答え合わせ・意見を聞く質問になるように心がけます。

<例>
○○でやり方はあっていますでしょうか?
○○さんの意見をお聞かせいただけませんでしょうか?

回答する上司・先輩は、質問が整理されているから誤ったポイントがあれば指摘しやすいし、指摘ポイントが無ければ「いいと思います」「合っています」と一言で回答できます。

このような質問の仕方なら、自分で解決しようとした形跡も見受けられし回答もしやすいことから、きっと上司や先輩は回答してくれるはずです。

ものは試しにやってみてください。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00