TECHNOLOGY DXツール
ARTICLE'S TAGS
2021.09.24 DXツール

株式会社コムスクエア、電話業務におけるテレワーク化とDX化を同時実現する「VoiceX(ボイスクロス)」をリリース

株式会社コムスクエア(東京都中央区 代表取締役社長:上嶌 靖 以下コムスクエア)は9月24日、電話業務におけるテレワーク化とDX化を同時実現する次世代クラウドPBX「VoiceX(ボイスクロス)」を発表した。

VoiceXとは?

電話業務におけるテレワーク化だけではなく、電話応対後の関連部門への連携や管理ツール(CRMなど)へのデータ入力・データ連携をDX化する次世代型クラウドPBX。

「今ある」設備で、テレワーク環境を容易に迅速に構築できるだけでなく、業務課題である応対品質や応対件数の効率化を図る。

VoiceXの特徴

1.業務を効率化する自動化ロボットによるツール連携
電話応対結果を書き込むCRMやインシデント管理ツールなどとの連携を自動化し、架電効率UPや事後作業の手間削減を実現。

2. 「今ある」設備で、テレワーク環境を迅速に構築
従業員自宅やフィスとINOPBXをインターネット回線で接続。「今ある」設備で、テレワーク環境を容易に構築できる。
利用用途にあわせたエディションがあり、すべてのエディションに「自動化ロボットによる連携機能」を標準搭載。

3.在宅コールセンターにも対応できる多機能性
一般的な電話機能はもとより、IVR(音声自動応答)や通話録音機能などの付加機能が、リーズナブルなコストで利用できる。
また、オプションの「AIによる音声テキスト化」を利用すれば、音声データが他システムと容易に連携でき、さまざまな業務の効率化・省力化が図れる。

4.電話にかかるコストを大幅削減
各端末間は通話料¥0で内線通話が可能。さらに「キャリア コムスクエア」の050/0078番号を利用すると大幅な通信コスト削減ができる。

5.総務省認可の通信キャリアが提供するセキュアなサービス
コムスクエアは総務省認可を受けた通信キャリア。大手通信キャリアの回線設備に依存しないシステムのため、テレワークの促進や複数拠点での拡張が短期間でスムーズに可能。

<リンク>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000028632.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00