KEIHYOHO_VIOLATION 景表法違反
ARTICLE'S TAGS
2021.07.21 景表法違反

【景品表示法】令和2年度は15件の課徴金納付命令!総額11億7,238万円

消費庁は7月20日、「令和2年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化の取組」を公表した。令和2年4月1日から令和3年3月31日までに景品表示法違反として調査した件数・措置命令件数・課徴金納付命令件数等が報告された。

新規調査件数は前年度より多い289件

令和2年度の調査件数440件のうち、前年度からの繰越しが151件、年度内に着手した新規件数が289件。新規件数は前年度より8件増となった。

処理件数は合計271件、課徴金納付命令は11億7,238万円

調査件数440件のうち、景品表示法違反として処理された総数は271件となった。処理内容は、措置命令が33件、課徴金納付命令が15件、指導が176件、都道府県や協議会に移送されたものが含まれる。

課徴金納付命令等の状況においては、14名の事業所に対して15件の課徴金納付命令を行い、11億7238万円の課徴金納付を命じた。
令和2年度は前年度より2件少なく、年々減少傾向にある。

新型コロナウイルスへの効果等を標ぼうする商品が増加

令和2年度に処理された商品役割分類では、消毒液・マスク・シャンプー・美顔器等の「保健衛生品」が77件と最多。

令和2年度以降、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、同ウイルスへの効果等を標ぼうする表示が増加。
特に消費者の関心が高い消毒・除菌に対する効果等を標ぼうする商品が多く、アルコール商品・次亜塩素酸水・空間除菌用品・健康食品等の表示について措置命令を行った。
措置命令33件のうち21件が消毒・除菌等の効果等についての不正表示である。

また、景品表示法に関する事業所から消費庁への相談件数は、令和2年度は17,127件(前年度15,956件)と前年度より増加。
除菌・抗菌・抗ウイルスをうたう表示に関する相談、マスクの性能表示に関する相談等が寄せられた。

<リンク>

「令和2年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組」の公表について

https://www.caa.go.jp/notice/entry/024985/

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00