TECHNOLOGY DXツール
ARTICLE'S TAGS
2021.10.06 DXツール

株式会社両備システムズ、認証セキュリティソリューションの最新製品「ARCACLAVIS Aile」をリリース

株式会社両備システムズ(本社:岡山県岡山市 代表取締役社長:松田敏之 以下 当社)は10月6日、1998年の販売開始よりトータル120万ライセンスの導入実績がある、認証セキュリティソリューションARCACLAVISシリーズの最新製品「ARCACLAVIS Aile(アルカクラヴィス エール)」をリリースした。

ARCACLAVIS Aileとは?

パスワードだけの認証から、「顔認証+パスワード」「ICカード+パスワード」などの多要素認証を強化した認証セキュリティソリューション。確実な本人認証を実施、なりすましによる不正利用や情報漏えいを防止する。

顔認証には当社が独自に開発した顔認証エンジン「RS OLFACE」を採用し、マスク着用時の顔認証にも対応。また、市場のニーズに即した機能強化をスピーディーに提供できるよう、開発環境を刷新し、サーバー・クライアントとも拡張性を持ったアーキテクチャを採用した。

ARCACLAVIS Aileの特徴

1.認証方法の柔軟な組合せが可能
部門や業務、利用者ごとに認証方法を選択できるため、社内のPCではICカードで認証し、テレワークで利用するモバイル端末では顔認証といった利用も可能。

2.マスクに対応した顔認証
AIの学習モデルを含め、顔認証エンジンを自社開発することで、マスクを着用した状態での顔認証が可能。

3.ICカード認証
ICカードを用いた本人認証を強化するため、導入済みのFeliCaカードをそのまま利用可能。

4.認証方法の切り替えによる、共有アカウントのセキュリティ強化
1台の端末を共有アカウントで利用する環境し、職員はICカード認証、臨時職員は顔認証で利用するなどの運用が可能。これにより、一時的に二要素認証の利用者が増える場合でも、手早く認証強化環境を準備できる。
共有アカウントで利用する端末でも、ARCACLAVIS Aileの認証ログにより利用者個人の特定が可能。

5.運用負荷の軽減
クライアント設定の配信、クライアント自動アップデート、サイレントインストールにより、初回導入時や運用中のバージョンアップの展開が容易にできる。

6.拡張性
サーバー、クライアントとも拡張性を持ったアーキテクチャを採用し、必要に応じて最適な提案が可能。ニーズに沿った認証方式(新たな生体認証など)へも柔軟に対応する。

<リンク>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000052428.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00