KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.10.01 WEBマーケティング

GoogleのCookie廃止が、デジタルマーケティング企業に与える影響

2023年、GoogleはCookieの第三者提供を廃止すると発表しました。このCookie廃止が、デジタルマーケティング企業に及ぼす影響は計り知れず、インターネット広告企業にとっては、死活問題になるかもしれません。

Cookieレスの時代が到来すれば、閲覧履歴に基づいたターゲットに広告配信ができないのはもちろん、コンバージョンなどのデータ分析すらできなくなってしまいます。

今回は、Cookieが廃止されることで、デジタルマーケティング企業にどんな影響が及ぶのか解説します。

Cookie廃止が、デジマ企業に及ぼす影響

大きな影響を受けるのは、インターネット広告をはじめとするデジタルマーケティング企業になります。その理由は、これまでCookieに依存している節があるからです。では、Cookie廃止されると何ができなくなるのか、その影響について詳しく見ていきましょう。

影響1:リターゲティングができなくなる

まずは、Cookieベースのターゲティングができなくなります。具体的には、リターゲティングができなくなります。リターゲティングとは、ユーザーが過去に閲覧した商品やサービスを、広告というかたちで再度表示する手法です。

Cookieが廃止されてしまえば、このリターゲティングができません。以前ユーザーが閲覧した商品・サービスのデータがわからなくなり、ターゲット選定が明確にできなります。極端に言えば、テレビ・新聞・雑誌・ラジオといったマスコミ四媒体のように、大まかなターゲット設定になってしまうのです。

影響2:CVトラッキングができなくなる

次に、Cookieベースのデータ分析ができなくなります。特に問題なのは、コンバージョン(CV)のトラッキングができなくなることです。

これによりコンバージョン率の改善が難しくなります。どうすればコンバージョンにつながり、どうすれば離脱されるのかといった分析ができなれば、それは当然ですよね。結果的に、広告の費用対効果が下がってしまう可能があるのです。

以上の2つの影響により、Cookieベースのインターネット広告の効果は、大きく下がる懸念があります。

まとめ

2023年に、GoogleがCookieの第三者提供を廃止をすることで、デジマ企業は大きな影響を受けます。これまでのようなリターゲティング、CVトラッキングは、もうできません。デジマ企業、特にインターネット広告企業は、この大変革を乗り越える必要性に迫られます。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00