KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.09.22 WEBマーケティング

【Google広告】ユーザーのプライバシーを保護しながら、検索語句レポートを改善

Google広告は9月、検索キャンペーンと動的検索広告キャンペーンの検索語句レポートに、プライバシー基準を満たす検索語句がより多く表示されるように改善した。

プライバシーと検索語句レポートの改善

ネットユーザーの「プライバシー保護」に対する関心が高まっており、「online privacy(オンライン プライバシー)」という語句が Google で検索された回数は、2019 年春から 2020 年春までの間に 50% 以上増加。

Google では、プライバシーの新しい基準を満たすため、検索語句レポートと動的検索広告の検索語句レポートを更新した。新しい基準では、Google のサービス全体で検索回数が多かった語句についてのみレポートし、ユーザーの匿名性を確保することを目的としている。

また、広告主側には、検索キャンペーンと動的検索広告キャンペーンの検索語句レポートに、プライバシー基準を満たす検索語句がより多く表示されるように改善。

レポートには、2021 年 2 月 1 日以降に検索された語句についてのデータが表示され、より関連性の高いキーワードのテーマを特定できるようになる。

これにより、広告主のアカウントで 2020 年 9 月 1 日より前に収集され、検索語句レポートの現在の基準を満たしていない過去の検索語句のデータは、2022 年 2 月 1 日を過ぎるとレポートに表示されなくなる。

今後数か月の間に、分析情報ページで提供するリソースを拡充。キャンペーンで掲載結果の向上につながった検索語句のテーマを、検索語句レポートに表示されない検索語句も含めて把握できる。

<リンク>

https://support.google.com/google-ads/answer/11127882

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00