KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.09.07 WEBマーケティング

Google広告、2022年6月30日から拡張テキスト広告を終了へ

Google広告は8月30日、検索連動型広告の広告フォーマット『拡張テキスト広告』を2022年6月30日以降、作成・編集が不可になると公式サポートで発表した。

検索連動型広告の広告フォーマットはレスポンシブ検索広告のみなる。

拡張テキスト広告が終了

<ポイント>

  1. 2022年6月30日以降は拡張テキスト広告の作成、編集は不可。
  2. 入稿済の拡張テキストの広告の配信は可

かねてからGoogle広告は、広告管理画面で拡張テキスト広告を作成しようとすると、前回あった箇所に拡張テキスト広告の新規作成ボタンが無くなるなどレスポンシブ検索広告の利用を強く推奨していたが、ついに作成終了となる。

レスポンシブ検索広告は、複数の広告見出し・説明文を設定することで、ユーザーに関連性の高いメッセージを作成できる広告フォーマット。

レスポンシブ検索広告は、豊富なテキストを使って、ユーザーに関連性の高いメッセージを表示する広告を作成できる。複数の広告見出しと説明文を設定、 Google 広告によってさまざまな組み合わせが自動的にテストされる。

また、広告のコンテンツと見込み顧客の検索語句との関連性が高まるように調整されるため、キャンペーンの掲載結果の向上が見込める。

<リンク>

https://support.google.com/google-ads/answer/7056544?hl=ja

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00