KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.08.23 WEBマーケティング

Instagram、16歳(18歳)未満アカウントの初期設定を非公開に。ターゲティング広告も制限。

Instagramは7月27日、Instagram上に作成される16歳未満(一部の国と地域では18歳未満 以下 「未成年」)の全アカウントをデフォルトで非公開に設定すると発表した。

アカウントを非公開にすることで、見知らぬ人からの不要なDMやコメントに対応する必要がなくなり、未成年のプライバシーが守られるように。しかし、その一方で若年層のクリエイターがフォロワーを獲得しづらくなるという問題を考慮し、Instagramは以下の新機能を追加。

Facebookから引用

未成年アカウントの初期設定を非公開

若年層の利用者をデフォルトで非公開アカウントに設定

非公開により、誰が自分のコンテンツを見たり返事をしたりできるかを、利用者が管理できる。

他の利用者が非公開に設定されたアカウントのフィード投稿・ストーリーズ・リールを見るためにはそのアカウントをフォローする必要があり、フォローしていない利用者はコメントを残すことができない。

また、非公開アカウントに設定したアカウントのコンテンツは、発見ページやハッシュタグの検索ページにも表示されなれない。

悪意がある可能性が高いアカウントから、若年層の利用者を見つけにくくする

悪意がある可能性のある利用者を見つけ、彼らと若年層のアカウントのやり取りを防ぐ新しい技術を開発。「悪意がある可能性のある」利用者とは、例えば若年層のアカウントから直近でブロックや報告をされた大人が運営しているアカウントを指す。

この技術を活用し、該当する大人のアカウントに発見タブやリール、「おすすめのアカウント」上で若年層のアカウントを非表示に。ユーザーネームを検索し、若年層のアカウントを見つけたとしても、フォローできない状態とする。

「悪意がある可能性のある」利用者は、他の利用者の投稿に対する若年層からのコメントを見ることや、若年層の投稿やコンテンツにコメントすることもできない。

若年層の利用者へリーチする広告に関して、広告主が持つ選択肢を制限

広告主は年齢・性別・場所に基づいてのみ、未成年の利用者に広告を配信できるようになる。 つまり、未成年利用者の興味関心や他のアプリやウェブサイトでの閲覧に基づく情報など、以前利用できたターゲティングオプションを広告主は利用できない。 これらの変更は全世界で行われ、Instagram、Facebook、Messengerで適用される。

また18歳になった利用者には、広告主がリーチするために使用できるターゲティングオプションと、広告体験を管理するために提供するツールについて通知される。

<リンク>

https://about.fb.com/ja/news/2021/07/youth-xfn-moment/

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00