KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.08.19 WEBマーケティング

【Yahoo!広告】自動入札の最適化に使用するコンバージョン設定の選択とコンバージョングループ作成機能の提供

Yahoo!広告は8月18日、ディスプレイ広告において、自動入札の最適化に使用するコンバージョン設定をキャンペーン単位で選択できるように変更。また、複数のコンバージョン設定をまとめるコンバージョングループ作成機能の提供を開始した。

実施日は2021年9月1日予定。

変更概要

コンバージョン設定の選択とコンバージョングループ作成機能を利用により、コンバージョン地点や商品ごとのコンバージョンをキャンペーン単位で選択できるため、自動入札設定時のCVR予測など最適化の精度向上が見込まれる。

【変更前】
最適化に使用するコンバージョン設定は、アカウント単位のコンバージョン設定(「コンバージョン列に含める」を選択した設定のみ)を使用。

【変更後】
最適化に使用するコンバージョン設定を、従来のアカウント単位のコンバージョン設定に加え、以下の設定も選択できる。

  1. キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を選択
  2. キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョングループを選択

「コンバージョン数」の計上方法について

機能提供後は、キャンペーンの作成や編集画面に新規追加される「最適化に使用するコンバージョン」の設定によって、「コンバージョン数」項目の計上方法が以下のとおり変更となる。

「アカウント単位のコンバージョン設定を使用する」を設定した場合

アカウント内のコンバージョン設定で測定された全てのコンバージョンが「コンバージョン数」の計上対象となる(「コンバージョン列に含める」を選択した設定のみ)。

「キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を選択する」を設定した場合

選択したコンバージョン設定、またはコンバージョングループごとのコンバージョンが「コンバージョン数」の計上対象*となる。

これにより、広告管理ツール上やパフォーマンスレポート上の「コンバージョン数」の定義が変更。成果比較等でコンバージョン数を確認する場合は、「コンバージョン数(全て)」を利用する必要がある。「コンバージョン数(全て)」には設定内容に関わらず全てのコンバージョン数が計上される。

※コンバージョン設定の「コンバージョン列に含める/含めない」の設定は適用されない。選択したコンバージョン設定で測定されたコンバージョンが全て計上。

補足

  1. 自動入札以外の入札戦略を設定しているキャンペーンでは、キャンペーン単位で最適化に使用するコンバージョン設定を選択しても広告配信への影響はない。しかし、コンバージョン数の計上方法は変わるので注意。
  2. 本機能は広告管理ツール、およびキャンペーンエディターで利用できる。

<リンク>

https://ads-promo.yahoo.co.jp/support/release/30174306.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00