KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.08.20 WEBマーケティング

競合が出稿しているバナー広告クリエイティブの調べ方〜プロが実践している調査法〜

競合バナーとは

画像や動画を利用して、ユーザーに視覚的に訴える広告配信ができるバナー広告。Web広告においてターゲット設定やキーワード選定等のターゲティングはもちろん重要ですが、バナー部分も疎かにしてはいけません。バナー部分を改善するだけでクリック率やコンバージョン率が増加し、大きな成果につながる可能性があるからです。

バナー広告の改善にあったて押さえておきたいのが、「競合バナー」の調査です。競合バナーがどのようなレイアウト・画像・カラーデザイン・メッセージを使用しているかを分析することにより、さらに成果のあるバナー広告を制作できます。

そして大手のバナー広告は、多額な予算と多数のテスト分析によって導かれたバナーデザインが採用されています。既に成果が確認されているバナーデザインを分析することにより、効率的に有益な情報を入手できるでしょう。

そこで今回は、競合バナーを調査する方法をご紹介していきます。

競合バナーの調査方法

「競合のバナー調査が大切!」とあげましたが、実際に競合のバナーを見るのは簡単なことではありません。競合の検索広告を表示させるツールはGoogleからも提供されていますが、バナー広告を確認するツールは残念ながら提供されていません。

そのため競合のバナー広告が表示されるかどうかは運任せとなります。ネットを見ていて、競合のバナー広告が表示されたら急いでスクリーンショットを撮るというイメージです。しかし、いつ、どのくらいの確率で表示されるか分からないバナー広告を待つというのは効率的ではありません。

高い確率で競合のバナー広告や大手のバナー広告を確認できる方法は、以下の通りです。

調査方法1:競合サイトにリターゲティングさせる

ネット広告に力を入れている競合会社に有効な方法は、競合サイトにアクセスし、リターゲティングさせることです。リターケティングとは、一度サイトを訪れたことのあるユーザーに対して広告を配信する、Web広告のターケティング方法の一つです。

調査したい競合サイトのホームページ等を閲覧するだけで、バナー広告が表示される確率がグッと上がるため試しておいて損はありません。実際のサイトでどのように表示されるかを、自然な形で確認できるのも利点です。

しかし、競合サイトが広告配信に制限をかけている場合は、表示されないこともあります。例えば、リターケティング配信をしていない場合や年齢や性別、地域によってセグメントかけている場合は配信されないので注意してください。

調査方法2:無料で利用できるバナーまとめサイトの活用

最も手っ取り早いのは、バナー広告をまとめた専用サイトを利用する方法です。無料で利用できるサイトもあるため、バナー広告デザイン案を考えるのに効果的です。しかし、会社名を特定できないや掲載されているバナー数が少ない等、特定の競合サイトを分析するのには向いていません。バナー広告デザイン案の参考にする程度での利用がオススメです。

Facebook広告ライブラリ

Facebookアプリやサービスで掲載されている広告を閲覧できます。そのため、Facebookに掲載しているサイトが条件となりますが、アカウントがなくても利用できるため手軽に利用できます。

試しに、世界中のクリエイターに利用されているクリエイティブアプリ・サービスを展開する「Adobe」を検索。上図のように、掲載開始日が近いものから順に広告が表示されました。

今すぐ「Facebook広告ライブラリ」を利用したい方はこちらから!

MOAT

指定した会社の広告バナーを無料で閲覧できる、バナー広告検索サイトです。デバイスやサイズ、バナーが確認できた期間等の詳細情報をチェックできます。しかし、こちらも大手のバナー広告しか確認できず、日本語対応していないため英語バナーが表示されるというデメリットがあります。

同じ業界である有名企業がどのようなバナー広告を制作しているかをチェックできるため、バナー広告の制作を行うにあったて参考になるでしょう。

先ほどと同じように「Adobe」で検索してみると、カラフルなバナー広告が一覧となって表示されました。スクロールするだけで、次から次へとバナー広告を閲覧できます。

今すぐ「MOAT」を利用したい方はこちらから!

2万本以上のバナー広告を掲載しているバナーまとめサイトです。業種や表現別に豊富な日本語バナー広告を閲覧できますが、企業名を指定しての閲覧はできません。同じ業種のバナー広告がどのような広告を掲載しているかを一目で把握できます。

今すぐ「Banner Matome」を利用したい方はこちらから!

調査方法3:有料ツール「SEMRUSH」を利用する

出典:SEMRUSHホームページ

SEMrushは世界で400万人以上のユーザーが利用するSEMツールです。SEOに取り組むために必要な情報を簡単にチェックできるため、ウェブサイトやネット広告において効果的な運用を行うための分析ツールとして活用されています。

そして、SEMrushツールの中でも競合バナー広告調査に役立つのが「ディスプレイ広告」分析ツールです。本ツールを利用することで、特定の競合バナー広告が閲覧できるだけではなく、ディスプレイ広告を配信するにあたり参考になるデータをチェックできます。

有料ツールではありますが、導入しておくとSEO・検索広告・ソーシャルメディア等の幅広いデジタルマーケティングに活用が可能です。

今すぐ「SEMRUSH」を利用したい方はこちらから!

競合バナー広告調査を行い、より良いバナー広告制作に役立てていただたら幸いです。また弊社では、デジタルマーケティングの一切を貴社内で完結するチーム作りを支援しています

リスティング広告のインハウス化を検討したいる方向けサービス

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00