DX DXトピックス
ARTICLE'S TAGS
2021.08.02 DXトピックス

株式会社グリッド、社会インフラ分野のGX化を促進させるデジタルツイン・最適化開発プラットフォームを開発

株式会社グリッド(代表取締役社長:曽我部完 本社:東京都港区 以下:グリッド)は8月2日、社会インフラ分野のグリーン・トランスフォーメーション(以下:GX)を推進するデジタルツイン・最適化開発プラットフォーム「ReNomApps」の開発を発表した。

ReNom Appsとは?

企業の段階的なGX化にも対応するため、デジタルツインによる業務とCO2の「見える化」、見える化に加え業務とCO2排出量の「最適化」、そして最終的なシステム連携と3つの段階での導入を可能とするプラットフォームである。

【見える化】

日々の業務をデジタル空間に再現し、売上・原価・利益・在庫・CO2排出量など複数の指標を可視化・予測。デジタルツイン化することで、担当者が策定した複数の計画を何度でもシミュレーションでき、最良のシナリオを選択・実行ができるようになる。


【最適化】

「ReNom SIM」により再現されたデジタルツイン上で最適化アルゴリズム「ReNom ALGO」を活用。人手では検証困難であった計画の効果・効率性をAIが算出し、最適化された計画を瞬時に策定できる。
さらに、収益の最大化、コスト削減をしながらCO2削減も実現し、環境と経営のバランスのとれた企業活動に貢献する。

アプリケーション化では実際の業務を意識したグラフィカルなインターフェースを提供。日々の業務で誰もが簡単に、環境面も考慮し最適化された将来のビジネス状況を選択/確認できるようにし企業のGXを進める。

<リンク>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000053978.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00