TECHNOLOGY DXツール
ARTICLE'S TAGS
2021.07.19 DXツール

株式会社スペースリー、e-Learningシステムの国際標準規格「SCORM」に対応し、研修VRコンテンツの配信と学習データの連携が可能に

株式会社スペースリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:森田博和)は7月19日、Learning management system(e-Learning等の学習管理システムを指す。以下LMS)に教材コンテンツを配信するための国際標準規格「SCORM *」に対応。

これにより、スペースリーで制作したリッチで没入感のある研修VRコンテンツがLMSでも配信・体験でき、VRコンテンツ上の学習データの連携も可能になる。

*SCORMは、LMSを活用して研修コンテンツを配信し、演習問題の表示・正誤判定・採点、学習時間・演習解答習得状況などのログデータを連携する国際標準規格。

SCORM対応で可能になること

  1. SCORMに対応しているLMSにて、スペースリー上で制作した研修VRコンテンツの配信、学習履歴の管理。
  2. VR上に学習する上でのチェックポイントや演習問題が設定可能。
  3. 受講生がVR空間でどのチェックポイントを見て、正誤結果はどうだったのかという学習履歴をLMSへ連携し、参照が可能。

<リンク>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000031809.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00