TECHNOLOGY DXツール
ARTICLE'S TAGS
2021.04.06 DXツール

バショウズ、目的に特化したオンラインイベントスペースを簡単に生成・共有できる『pl@ce』β版をリリース

株式会社バショウズ(本社:神奈川県川崎市 代表取締役:小関健一郎)は4月6日、目的に特化したオンラインイベントスペースを簡単に生成・共有できるサービス『pl@ce』(プレイス)のβ版をリリースし、無料機能提供を開始した。


また、pl@ceが提供する仮想空間を複数束ねて独自の世界観を作る次期機能「pl@ceホルダー」のデモ用特設サイトとして仮想吞み屋街『pl@ceゼロ番街』も同日4月6日にオープンし、コロナ禍で失われている”日常の不確実な出会い”の創出について検証していくという。

pl@ceポータルサイトTOP画面

 pl@ceの主な特徴

特徴1:一般参加募集のオンラインイベントを個人でも簡単に開催

  • パブリックイベントを作成すると、イベント集客用ページが自動生成され、pl@ceポータルサイトで公開される。
  • 参加者はpl@ceポータルサイトで様々なパブリックイベントを検索でき、ワンクリックで所望のイベントに参加申請できる。
  • pl@ceの自動案内・参加誘導により、主催者が参加者に直接案内や連絡をする必要はなく、参加者と主催者間でメールアドレスなどの個人情報を取り交わし不要。

特徴2:イベントの特徴・目的に合わせて選べる仮想空間タイプ

【仮想空間タイプ『会議室』】

仮想空間タイプ『会議室』

【仮想空間タイプ『教室』】

仮想空間タイプ『教室』

【仮想空間タイプ『パーティールーム』】

仮想空間タイプ『パーティールーム』

【仮想空間タイプ『講堂』】

仮想空間タイプ『講堂』

【仮想空間タイプ『ツーショットルーム』】

仮想空間タイプ『ツーショットルーム』

特徴3:入場料が設定でき、入退室管理が装備された仮想空間

  • 仮想空間自体へ入場料を設定できるため、シンプルに有料イベントを実現できる。(※β版においては入場料「0円」設定のみ。有料設定と決済機能は次期製品版での対応予定)
  • pl@ceが内部的に発行・管理する入室証により、当該仮想空間における主催者・参加者の本人識別や入室権限管理を行うため、主催者が別途入室用IDを参加者に伝えたり入室許可や機能権限設定不要。
  • イベント時間外入室・未認証入室・同一参加者2重入室など、不正な入室を抑止。また、利用時間中の入退室記録や利用時間超過時の強制退室など入退室管理機能が備わっている。
  • リアルタイムな”コト”のエスクロー決済(特許出願済)で、詐欺行為や不履行リスクを回避し、個人間のビジネス障壁排除。(※β版においては入場料「0円」設定のみとなるため決済処理は発生しない。有料設定と決済機能は次期製品版対応予定)

〈リンク〉

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000076693.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00