CASESTUDY 事例
ARTICLE'S TAGS
2021.01.20 事例

飯塚市にて全国に先駆けて行政文書のデジタル化社会実験を開始

株式会社chaintope(代表:正田英樹)は1月20日、福岡県及び近畿大学産業理工学部・九州工業大学情報工学部の協力のもと、行政データのデジタル化を実現するための基盤となる「トラストシステム(認証局)」を中心に据えた社会実験を飯塚市にて行うと発表した。

この実験では住民票をデジタルデータとしてスマホにダウンロードし、そのまま会社や団体に提出、認証までを行う。

飯塚市での実験実施期間:1月20日から2月28日

本事業で構築されるトラストサービスについて

本事業で構築されるトラストサービスは、証明書の要約(メッセージ・ダイジェスト)に発行者(=飯塚市)が電子署名したデータと交付した日時(台帳に記録した日時)を保管する仕組み(タイムスタンプ)を基礎として独自に設計し、タイムスタンプ情報はChaintopeが開発したブロックチェーンTapyrus(タピルス)によってインターネット上に公開。実証事業後の運用時には複数自治体や事業者によって分散的に安全に管理される。

社会実験のトラストサービス概要

社会実験の対象及び参加手順

【利用者の場合】

ステップ1:QRコードが届いたら、アプリをスマホにインストール
ステップ2:住民票をスマホへダウンロードし、自身が所属する企業などの団体へ提出

スマホでの流れ

ステップ3:社会実験に関するアンケートへ回答

【企業・団体の場合】

ステップ1:「OpenPGP鍵の生成と提出手順」より、システムをインストール
ステップ2:参加者の住民票をメールで受け取る
ステップ3:「証明書データの複合方法と検証手順」より、住民票データの正当性を確認

検証用画面
検証用画面
送られてきた証明書を登録
送られてきた証明書を登録
検証完了画面
検証完了画面

ステップ4:社会実験に関するアンケートへ回答
※ステップ1,3で使用する各手順の資料はメールにて送付

〈リンク〉

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000030542.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00