TECHNOLOGY DXツール
2021.01.07 DXツール

Yahoo!広告、違反実績をふまえた広告審査を開始

Yahoo!広告は1月7日、過去の違反実績をふまえた広告審査を2021年2月8日(月)から開始すると発表した。

広告審査において重大な違反表現が認められた場合、当該審査対象の広告にて
訴求する商品(以下、対象商品)は広告掲載のリスクが高いと判断し、違反表現を訂正した場合であっても、以降の対象商品にかかる広告掲載申込みを断るという。また、実施中の対象商品にかかる広告掲載もヤフーの判断で停止する。

「重大な違反表現」とは、次のいずれかに該当する場合をいう。

・明らかな虚偽、誇大広告
・重大な健康被害の恐れのあるもの
・その他「Yahoo! JAPAN 広告掲載基準」への重大な違反と当社が判断する表現

なお、対象商品にかかる広告については、違反実績のある出稿企業以外による申込の場合であっても、広告掲載の申込みを断る。または実施中の広告掲載を停止するという。

 国民生活センターが2020年12月15日に発表した「消費者問題に関する2020 年の 10 大項目」によれば、通信販売での健康食品等の定期購入に関する相談件数は2020年は52,402件(前年44,747件)と過去最多となった。

<リンク>

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20201215_1.html

https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/announce/872532.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00