KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2021.01.06 WEBマーケティング

GMO NIKKO、アフィリエイト広告向けのブランドセーフティ機能を使った「ブランドセーフティURL判定サービス」を提供開始

GMO NIKKO株式会社(代表取締役社長:佐久間 勇 以下GMO NIKKO)は1月5日、アフィリエイト広告(※1)の統合管理ツール「TRUE(トゥルー)アフィリエイト byGMO(以下 TRUEアフィリエイト)」に搭載されている『ブランドセーフティ機能』(※2)(ビジネスモデル特許 特許番号:第6720396号)を切り出し、「ブランドセーフティURL判定サービス」の提供を開始した。

※1)サービス申し込みや商品購入といった「成果」に応じて費用が発生する、成果報酬型の広告。
(※2)配信したインターネット広告が、広告主の意図に沿った媒体・スペースに配信されているかなどを確認し、配信を適切にコントロールする機能。

「ブランドセーフティURL判定サービス」

「ブランドセーフティURL判定サービス」を利用し、公序良俗に反する内容・企業ごと個別に設定したNG条件が含まれるコンテンツをAIが自動解析して検出するため、不適切な媒体への広告掲載を回避できる。
なお、本サービスは1社あたり1回に限り、トライアルプランとして判定URL数1,000本までを無料で利用可能(※3)。

<概要>

  1. 名称   :ブランドセーフティURL判定サービス
  2. プラン  :トライアルプラン / スタンダードプラン
  3. 判定URL数:  ~1,000本   /   1,001本~
  4. ご利用料金:   無料    /   5万円~(※4)

これまで国内大手ASPである「A8.net」・「バリューコマース アフィリエイト」・「JANet」と連携していたが、GMOメディア株式会社が運営するASP「affitown byGMO」との連携を新たに開始し、より幅広い媒体でブランドセーフティを実現可能となる。

(※3)URL数が1,001本以上になる場合は、有料のスタンダードプラン。
(※4)判定URL数1,001本以降は、1,000本ごとに5万円が必要。
   (例:1,001~2,000本は5万円・2,001~3,000本は10万円)

〈リンク〉

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003067.000000136.html


DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00