TECHNOLOGY テクノロジー
2020.11.18 テクノロジー

Twitter、カルーセル広告を正式ローンチ

Twitterは11月10日、新たな広告フォーマット「カルーセル広告」をグローバルでローンチした。カルーセル広告では、横に並んだ2~6枚の画像または動画をスワイプして閲覧でき、アプリやウェブサイトへの誘導を行える。

広告主は広告マネージャーにあるツイート作成画面からでも、Twitter広告APIからでもカルーセル広告を作成可能で、プロモツイートとしても通常のツイートとしても使用できる。

カルーセル広告とは

Twitterのウェブサイトクリックやモバイルアプリ広告をはじめとした多くの広告目的に応じて利用可能で、タイムラインの横幅いっぱいを使ったデザインを実現し、スワイプやカルーセルカードの内訳表示など、新たなレポーティング機能も搭載。

ベータテストの効果は次の通り。

ウェブサイトカルーセルの効果

通常のウェブサイトカードフォーマットと比較して、CTRが平均で 15% 増加

アプリカルーセルの効果

通常のアプリカードフォーマットと比較して、インプレッションあたりのインストール数が平均で24%増加

今後、ウェブサイト誘導目的の広告商品として、クリエイティブのフォーマットの改善に取り組み、またTwitterのウェブサイトタグを改善して広告効果測定の精度を高めていくという。

<リンク>

https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2020/Performance_Carousel.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00