DX デジタルトランスフォーメーション
2020.11.10 DX

テレワーク環境の早期立ち上げを可能にする「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)」を販売開始

 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭)は、サテライトオフィスでの勤務や在宅勤務など、テレワーク環境の立ち上げに向け、セキュアなクライアント環境の早期導入や柔軟な運用を可能にする「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)」を11月10日から販売を開始すると発表した。

Citrix Cloud for Windows Virtual Desktopは、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で提供する仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」と、仮想デスクトップの管理機能をクラウド環境で提供するシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社の「Citrix Cloud」を組み合わせたセキュアなサービスだ。

日立が導入支援、運用までを担うマネージドサービスとして提供しており、利用者は、働く場所の制約を受けることなく、サテライトオフィスや自宅などからPC・タブレット端末などさまざまなデバイスを活用し、通常のオフィスと同様に働ける環境を利用できる。

最少200ユーザー、最短利用期間1カ月、最短2ヵ月で利用可能可能だ。

多くの従業員を抱える企業がセキュアなテレワーク環境を整えるには、ハード面・ソフト面で膨大な時間とコストがかかる点がネック。クラウド型の仮想デスクトップならスピーディにテレワーク環境が整うだろう。

〈リンク〉

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000067590.html

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00