KNOW HOW WEBマーケティング
ARTICLE'S TAGS
2020.12.28 WEBマーケティング

【Google広告】2020年のアップデート振り返り

どうも!あまのんです!

今回は、2020年にリリースされたGoogle 広告のアップデートを振り返りました。

検索広告の画像表示オプション(ベータ版)

画像表示オプション機能は、検索広告で画像が一緒に表示されるようになり一部の広告主に提供されています。※PCでは表示されず、スマートフォンで検索画面のみ表示。

テキストだけの広告に比べて、インパクトが大きくなったり、画像ごとのクリック率など反応を見てPDCAを回すことも可能になります・

レスポンシブ検索広告の広告カスタマイズ機能

広告文にカウントダウンを追加すると、セールや特別なイベントを見込み顧客にアピールができます^^

カウントダウン カスタマイザは以下の2形式で表示可能になります!

  • COUNTDOWN 形式
  • GLOBAL_COUNTDOWN 形式

上記2つどちらの形式でも、最初は日単位、次に時間単位、最後は分単位で残り時間が表示されます。

参照ページ:https://support.google.com/google-ads/answer/6193743?hl=ja

レスポンシブ検索広告の地域挿入機能

テキスト広告で利用できる「広告カスタマイザ」の機能、「カウントダウン機能」と「地域挿入機能」が、レスポンシブ検索広告でも利用可能!

ユーザーの所在地や頻繁に訪れる地域や関心を示した地域に合わせて、レスポンシブ検索広告の広告文をカスタマイズできるようになりました!

参照ページ:https://support.google.com/google-ads/answer/9773001?hl=ja

レスポンシブディスプレイ広告の新デザイン

レスポンシブディスプレイ広告の新デザインが追加され、Google 広告にある画像自動調整機能を使って、以前より目に止まりやすいデザインになりました^^

ですが、画像を自動調整すると、表示の際にテキストが重なり「読みにくい!」なんてケースもあるので、事前確認をおすすめします!

レスポンシブディスプレイ広告の動画自動生成機能

新デザインに付随して、追加下した画像から自動で動画化されるようにもなりました!

追加時には、ロゴ用の正方形と横長画像が必要になります!

また、この機能を適用したくない場合は下記の手順で設定出来ます。

キャンペーン作成画面→広告を作成→その他のフォーマットオプション→【自動生成された動画を使用する】のチェックボックスを外す

商品フィードを表示する動的レスポンシブ広告の新デザイン

「この商品は特に力入れて行きたい!」など、単独でアピールできる新しいレイアウト機能が追加されました。また、ロゴと一緒にビジネス名が表示されるので、サービス内容を明確にアピールできるようになります^^

TrueViewアクションのリードフォーム

YouTubeに掲載される動画広告のキャンペーンにリードフォームが使えるようになりました!

ですが、利用するには広告出稿金額の規程があります(・。・;

〈利用条件〉

  • Google広告のご利用金額が 50,000 米ドルを超えている
  • ポリシーを遵守してきた実績がある
  • 対象となるカテゴリまたはサブカテゴリである(アダルトコンテンツなど、デリケートなカテゴリやサブカテゴリは利用不可)
  • 現在はTrueViewアクションのみ

スマート自動入札で掲載結果予測が可能!

シミュレーションは過去の条件から掲載結果試算はできましたが、未来の掲載結果予測はできませんでした。

ですが新しいアップデートにより、検索キャンペーンで掲載結果を予測が可能になりました!

シミュレーションでは、任意の期間(90 日後まで)を選択し、予算や目標を変更した後に掲載結果がどのように変化するかを正確に予測できます。

参照元:https://support.google.com/google-ads/answer/10253778

リアルタイムでアラートを受信

キャンペーンに重大な問題を検出すると、設定の途中でもアラートが送信されるようになりました。

アラートはリアルタイムで通知され、確認ステップでもすべてのアラート概要が表示されます。

自動保存機能で中断箇所から再開できる

下書き用キャンペーンで作業内容が自動的に保存されるようになったため、中断したところから容易に作業を始めるようになりました^^

キャンペーンの作成と不承認広告確認が簡単に行えるように!

概要ページから新しいキャンペーンを作成可能になり、キャンペーンをスピーディーに構築できます。

【概要ページでできる機能】

  • 広告が不承認になった原因を把握し、必要に応じて再審査請求を行える。
  • 直接広告を編集が可能。

参照元:https://support.google.com/google-ads/answer/10191626

パフォーマンス プランナー、3つの新機能導入

①検索キャンペーンの共有予算がパフォーマンス プランナーでサポート

共有予算を使っているキャンペーンについて、予測を作成・変更・ダウンロードが可能になります^^

②プラン作成を簡単に共同で作業が可能に

予算決める際に、他人の意見も取り入れプランを共有し、共有相手も閲覧と編集ができるようにしました。

③コンバージョン達成までの所要時間がパフォーマンス プランナーで考慮

たとえば、11 月の費用をプランニングする場合には 11 月と 12 月に発生が予測されるコンバージョン数がプランに含まれるため、より精度の高いパフォーマンス予測を取得できます。

参照元:https://support.google.com/google-ads/answer/10013084

スマート ショッピング キャンペーンの改善

売上拡大だけでなく、新規顧客の売上げにコンバージョン値を設定し、新規顧客獲得を促進できるようになりました。

電話専用広告にウェブサイトへのリンク追加機能

電話専用広告で表示範囲を拡張し、検索結果ページで広告がユーザーの目に止まりやすくなります。

ちなみに、このアップデートで「call-only ads(電話専用広告)」の名称が「call ads(電話専用広告)」に変更されています!

概要ページに3つの新機能

①概要ページで最適化案を表示して適用。

これにより、最適化案に順位を付けられ、最も重要な最適化案を実施しやすくなります。

②簡単に新しいキャンペーンを作成できる。

概要ページの左上部分にある【新しいキャンペーンを作成】で作成できます!

③概要ページと個々のカードをダウンロード完了

これにより、掲載結果データを使用したレポートの作成や、他ユーザーと共有などが簡単にできます。

参照元:https://support.google.com/google-ads/answer/9955167?hl=ja

2021年もきっと沢山のアップデートがあると思いますので注意深く追っていきます。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00