TECHNOLOGY テクノロジー
2020.04.01 テクノロジー

Googleが推奨するhagakure(ハガクレ)って何?Google広告のキャンペーン設計

これまでは1広告グループ1キーワード構造が主流でしたが、Googleが提唱してきたhagakure(ハガクレ)構造が主流になりつつあります。背景には、入札機能の自動化や、検索クエリに合わせてカスタマイズされた広告文を配信可能にしたなどの機能の進化があります。今回は、Google広告のhagakure(ハガクレ)キャンペーン設計を紹介します。

hagakure(ハガクレ)とは

hagakureは、リスティング広告のアカウントをできるだけシンプルに設計することを推奨するものです。

Googleがhagakureを推奨する理由には、インプレッションシェアを最大化することで品質スコアを改善できる点、運用工数を減らし、分析改善工数を増やせる点があります。

hagakure(ハガクレ)のメリットとデメリット

メリット

品質スコアが改善する

広告の品質スコアを評価する指標=推定クリック率 、ランディングページの利便性、広告の関連性があり、推定クリック率は広告の過去のクリック数とインプレッション数で算出されます。

各グループに分散していたインプレッションが1つの広告グループに集約されることで評価対象が増え評価されやすくなります。

クリエイティブ検証が早い

1つのクリエイティブで蓄積されるデータが多いため、最適化速度が上がり素早くPDCAを回せます。また、クリエイティブ入稿に関わる工数も減らせます。

入札工数を減らせる

注力キーワード以外の入札工数を減らすことができます。

デメリット

hagakure直後は安定しない

運用開始直後、十分なデータが蓄積されるまでは、インプレッション数も減り悪化する場合があります。

広告文とキーワードの関連性が下がる

1広告グループにキーワードを集約するため、広告文にキーワードを含めることが困難になります。広告カスタマイザーを使えばある程度対処できます。

hagakure(ハガクレ)アカウントの作り方

hagakureアカウントの作り方は簡単です。とにかく、「集約する」という方針にしましょう。

1つの広告グループに複数のマッチタイプ入れる

マッチタイプ別に分けていた広告グループを1つの広告グループにまとめ、 広告グループ同士の入札競合が減らせます。

キーワードの重複を止める

Google推奨するでは、同一キーワードのマッチタイプ違いは運用初期は登録する必要はなく徐々に追加したほうが良いとされています。

デバイス別を構成を止める

PC、SPでキャンペーン/グループを分けている場合は統合しましょう。年齢別、RLSA、リーセンシー別なども同様です。パラっと管理画面のキャンペーン一覧で成果が見れないのがネックになります。

現実にはhagakure(ハガクレ)が適さないアカウントも!固執しなくてOK。

あくまでリスティング広告でアカウント構成においてのベストプラクティスが hagakure(ハガクレ)構造というだけであって、hagakureにしていないから ダメアカウントと判断するのは乱暴です。 予算が少ない場合や、獲得KWが決まっている業界、エリア別に訴求やLPを変更する場合など、hagakureが邪魔することもあります。

「これをしたい」という自社の戦術が実現できるならキャンペーン構成にこだわる必要はありませんので、スピード優先でさっさと配信しちゃいましょう。

DXニュースについてABOUT DX NEWS

デジタルトランスフォーメーションを推進するにあたって参考となる国内外の事例、
デジタルマーケティングを自社内で行うインハウス化に関するお役立ち情報を提供しています。

CONTACT お問い合わせ

03-6263-9628

営業時間:平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

営業時間:平日9:00~18:00